ホットフラッシュと動悸・頻脈

大人になったら気をつけること

男の更年期は、ホットフラッシュでわかる!

男の更年期障害症状は、
そのほとんどが、
更年期でなくても起こる事がある症状ばかりだ。

 

汗なんか子供の頃から書いているし、
腹痛だっていつもの事。
だから更年期なのかどうか、
なかなかわからない。

 

しかしテストステロンの減少によって起こる更年期症状には、
わかりやすいものもある。
それがホットフラッシュと言うヤツだ。

 

ホットフラッシュとは、
急に首や顔が熱くなったり、
のぼせたりする症状のことらしい。
汗がどっと出たり、
動機も起こったりする。

 

特に激しい運動をしたわけでもなく、
なぜこんな事が起こるのか。
原因が皆目見当が付かない。
これがホットフラッシュだ。

 

そしてホットフラッシュは、
理由もなく急に起こるものだから、

一回ホットフラッシュが出ると
「また同じ事が起こるんじゃないか」と不安になる。

 

夜中にホットフラッシュの症状が出て、
不眠になったりもする。

 

程度や頻度は様々だが、
それによって不安になったり
不眠になる方が、
危なかったりする。

 

つまり一種のトラウマができてしまうんやね。

ホットフラッシュの対策

ホットフラッシュは、
女性の更年期障害でもよく起こるが、
症状の軽重や頻度は人によって様々だ。

 

数分おきに出るような場合もあれば、
一日に一回から一週間に数回という間隔で起こる事もある。

 

ホットフラッシュの原因としては、
自律神経の乱れが考えられる。

 

神経のコントロールがうまく行かず、
身体に予期せぬ反応が
起こるという事らしい。

 

対策としては、
腹式呼吸で神経をなだめるとか、
ゆったりした服装で神経を落ち着かせるとか、
あまり神経質にならずに適当にやるとか、
とにかくリラックスすればよいって事らしい。

 

ただ、
高血圧や甲状腺異常、
心臓のトラブルでも、
ホットフラッシュが起こる事があるので、
頻発するようなら医者にかかる方が良い。

 

更年期障害か他の病気か、
問題を切り分ける必要がある。

 

そのほかに動悸や頻脈も、
更年期によく見られる。

スポンサードリンク