五十肩は、筋肉が変

五十肩というのは、なってみて初めて分かるが不思議な病気だ。

 

私の場合、学生時代に拳法をやっていたし、そのあとも大東流合気柔術なんかもやったから、肩肘の故障なんて、もう何度もやっている。

 

だから五十肩なんて言うのも、そんなに大した病気じゃないと思っていたのだけれど、とんでもない。

 

どうも筋肉全体がおかしいのだ。

 

若い頃の故障というのは、インナーマッスルなどの細い筋肉が痛むだけ。

 

つまり何か外から力が加わって、特定の筋肉やスジを伸ばしてしまっただけである。

 

だから他の筋肉が痛むことなんかない。

 

ところが五十肩というのは、肩回りについている筋肉が伸びなくなったというか、固くなってしまっている。

 

筋肉自体が変なのだ。

 


五十肩の予兆?

五十肩というのは、筋肉が変化してしまっている。

 

老化なのか、リウマチのようなものなのか、その辺はよく分からないが、固くなっている。

 

だから今まで普通にできていた動作なのに、筋肉やスジが引き延ばされるような痛みが起こる。

 

「イタタタタ!」と、我慢強い私でも、大声を上げずにいられないような、そんな激痛が走る。

 

たいていは、背中側に腕を使おうとしたら、ダメ。

 

たとえばズボンの後ろポケットから財布を取り出そうとか、大便をしてお尻を拭こうとか、そう言う感じの動き。

 

これをやると、痛みが走る。

 

もちろん五十肩に良くある、手を上に上げられないと言うのも起こる。

 

少し前の夏のころは、普通にラジオ体操をしていたというのに、なぜか今はもう全然上がらない。

 

つまり使わないから五十肩になるって事じゃないらしい。

 

そして思い起こせば肩回りの筋肉は、春頃からすでにおかしかった。

 

あれがたぶん、五十肩の予兆だったのだろう。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア 濃縮練り酵素
houbi(宝美)