五十肩は、毎朝痛む

夏のある朝起きたら、五十肩になっていた。

 

西式健康法の平床寝台(へいしょうしんだい)をやっていたから、最初はそのせいかと思っていた。

 

平床寝台とは、板の間など平らな床の上に寝ることで、背骨のゆがみなどを矯正する方法だ。

 

毎年挑戦しているが、いつも仙骨や尾てい骨当たりが痛くなって、5日と持たない。

 

それがなぜか今年は上手くいった。

 

2週間くらい続いて、不思議だなと思っていたら、まず左肩が痛くなった。

 

矯正されている過程で、どこかに力が加わるのは普通だから、そのせいかなと思って、慣れるまで辛抱。

 

そう思って一週間ほどしたら、左肩の痛みはなくなった。

 

「やっぱりそうか」とおもっていたら、今度は右肩の方が痛くなってしまった。

 

そしてこれが大変。

 

ぜんぜん治らない。

 

左肩同様、1週間もすれば治るのかと思ったら、もう何週間も続いている。

 

どうやらこれは、健康法のせいじゃないなと思い出して、色々調べてみたら、どうも五十肩というヤツらしい。

 


五十肩、なってみてビックリ

しかしなってみて始めて分かったが、五十肩というのは不思議な痛みだ。

 

激痛が走るが、2分もすれば和らいでしまう。

 

前方向も後ろ方向も、右方向も左方向も、肩の回りの細かい筋肉が、全部いかれている。

 

ビキビキビキビキ、、、と言った感じで痛みが走る。

 

厄介なのが、寝るときや朝起きたとき。

 

抱き枕をしようと思っても、抱き枕するだけで痛みが走る。

 

腕をどう置けば痛みがなくなるか、色々動かしてみるが、痛くない置き方が見つからない。

 

仕方がないので、まっすぐ伸ばして寝ると、朝起きたときに右肩や右肘が痛んでいる。

 

要するに、毎日毎日、肩周辺のどこかの筋肉を傷めているって感じやね。

 

これはある意味、地獄のようなもの。

 

困ったもんだ。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア 濃縮練り酵素
houbi(宝美)