ホルモン補充治療とは、どういうもの?

男性の更年期障害とは、年を取るに連れて男性ホルモンの分泌が少なくなることでおこるトラブルの事だホルモンのバランスが崩れることによって、大きな影響が起きてくる。

 

この状態が何ヶ月も続くのが、更年期障害というやつだ。

 

なので治療法として、「ホルモン補充療法」という治療法が取られる事がある。

 

男性ホルモンが足りないのだから、補充すればいい、、、ってことだ。

 

急激な変化を抑えるには、それも一つのアイデアだろう。

 

ただし男性ホルモンの分泌が減っていくのは、年を取れば当たり前なのだから、これを止める事はできない。

 

なのでいわば一時しのぎってことやね。

 

でこのホルモン補充療法を受けるには、準備がひつようだという。

 

血液検査をして、テストステロン・レベルを調べないと行けないからだ。

 

男性ホルモンの減少が障害を起こしているのかを、調べるということだ。

 

もちろん、更年期で起こるホットフラッシュや不眠や動悸から医師が判断する場合もあるが、どの程度なのか調べておいた方が良い。

 

ホルモンの投与は、月に一回を一タームとして二ターム以降は様子を見ながら投与される。

 


ホルモン療法が効く症状・効かない症状とは?

ホルモン補充療法は、テストステロン(男性ホルモン)が関係していれば、効く。

 

テストステロンが関係しておれば、ホルモンの補充療法により、ある程度までは、皮膚のつややはりを保つ事ができる。

 

また動悸や、ほてり、のぼせといった症状にも、効果があって、これによってひどくなる不眠や「うつ病」など心の病気が進むのを防ぐ。

 

ホットフラッシュや皮膚のかさつき、背中などのかゆみといった症状にも高い効果があると言う事だ。

 

その一方で、ホルモンの補充療法が効かない場合もあって、たとえば、ひざの痛みや、腰痛や、肩こりには効かないらしい。

 

骨の変形や、生活習慣病などが原因の症状では、あまり効かない。

 

精神的なストレスなどは外的要因だから、これによる症状は抑えられないという。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア 濃縮練り酵素
houbi(宝美)