男の更年期障害の治療は、半年以上続ける必要がある

男の更年期障害は、ホルモン補充療法や、漢方薬で症状を和らげる事ができるという。

 

テストステロン・レベルが更年期障害の原因ならば、治療の効き目は、すぐに出る。

 

しかしその効き目は一時的なものだから、止めると元に戻ってしまう。

 

ホルモンバランスというのは、本当に微妙なので、合成ホルモンの投与は様子を見ながらでないといけない。

 

しかも様子を見ながら、半年くらいは続けないといけないという。

 

ただしホルモン治療の場合、制約が付くからさらにややこしい。

 

というのもホルモン投与をすると他の薬の効き目を弱めたり、あるいは逆に強めたりしてしまうから、他に持病がある場合、かなりの注意が必要になる。

 

定期的に医師と相談しないと、難しい。

 

また漢方薬を併用するホルモン治療もある。

 


更年期障害は、カウンセリングも大事

更年期には、イライラや、ゆううつ、不眠などが見られることもある。

 

こういう症状は実に辛いということだ。

 

またストレスによって、肩こりや腰痛などもでてくる。

 

更年期というのは、他にも身体がドンドン変化していく時期なので、精神的に不安定になる要因は山ほどある。

 

そういう場合には、精神面のケアも大事になってくる。

 

精神の不安定やストレスによって、肩こりの他にも自律神経失調症、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、頭痛といった症状もでてくるという。

 

最近は、腰痛の原因に精神的なストレス(怒り)なども挙げられており薬だけでの治療では治りにくいこともある。

 

甲状腺障害も起こったりして、心身症の原因になることもあるという

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア 濃縮練り酵素
houbi(宝美)